名東区、守山区、千種区、天白区、尾張旭、長久手、日進:スポーツ障害、ランニング障害、肩こりからくる頭痛、肩の痛み(50肩など)、首の痛み(むちうちなど)、背中・肩甲骨周りの痛み、腰痛(椎間板ヘルニアなど)、臀部の痛み、膝の痛み(変形性膝関節症など)、神経痛、慢性疲労などでお悩みの方は名古屋市名東区のあき治療院へ
TOP院長紹介院内の施設紹介料金・診療時間アクセス方法
元デンソー女子陸上長距離部トレーナーの治療院
実業団陸上長距離・マラソン選手もサポートをしているスポーツトレーナーの治療院です
 ★アキレス腱の痛み(アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎)
 【症状】
アキレス腱に痛みがある。使い過ぎによるオーバーユース症候群の一つで、様々なスポーツ種目、また、日常生活の中でも起こりうる。
アキレス腱炎は、繰り返しのストレスによりアキレス腱に微細な部分断裂や瘢痕化(はんこんか)が生じて、腱の変性が認められる。
また、
アキレス腱を覆う薄い膜に炎症を生じる場合はアキレス腱周囲炎と言われ、アキレス腱の変性が起こっていない場合はこちらを疑える。
両方を同時に発症することも多いので、厳密な区別は難しい。
さらに、
アキレス腱の付着部に炎症が生じるアキレス腱滑液包炎というものもあり、上記の二つとは区別できる。
 【当院での治療・対処法】
急性期は局所の安静が重要。この段階で無理をすると断裂や瘢痕化を大きくすることになってしますので可能であればしっかり安静にする期間を設ける
慢性期に入ると痛みの出方により、運動の制限は変えていきます
目安にしているのは、
アキレス腱を伸ばして痛みがあるかどうか。伸ばした時に痛みがある場合は、ふくらはぎの筋肉を使う動作(ほとんどの運動)でアキレス腱にストレスがかかるため、炎症を繰り返してしまってなかなか改善しない。だから、局所の安静の期間が比較的長くなる
また、ある程度炎症が治まってきても、瘢痕化が進んでいると、
アキレス腱を縮める動作で痛みを感じる場合がある。この段階だと、伸ばす動作に痛みがなければ、ある程度の運動を始めていくことを指導することが多い
治療としては、急性期の対処をしっかりしたうえで、急性期をできるだけ早く終息させることと、慢性期をこじらせないようにすることを目的にして治療、トレーニングを進めていく
◦アキレス腱の動きを起こしている
ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)の緊張を緩和する。また、足底の筋肉の緊張や、前脛骨筋の緊張、ひざ裏の筋肉の状態も整える必要がある
◦片足のアキレス腱に痛みがある場合(ほとんどはそうだが)、片足だけに負担がかかる原因があれば、そこも改善していく必要もある。例えば、
同側の足底や膝を痛めていた。とか、反対側の股関節や腰を痛めているなどなど
ある程度の段階から、トレーニングも併用していく
主に、ふくらはぎの筋肉のトレーニングになるが、場合によっては足底の筋肉のトレーニングや骨盤を中心とした全体のバランスを改善するためのトレーニングを必要とすることもある
 住所  名古屋市名東区引山2丁目1201
 メゾンラメール201
 TEL  052-739-6997
 診療時間  9:00~21:00(予約制)
 土曜・祝日19:00まで
 休診日  日曜日・不定休

  症例一覧に戻る

  TOPページに戻る