名東区、守山区、千種区、天白区、尾張旭、長久手、日進:スポーツ障害、ランニング障害、肩こりからくる頭痛、肩の痛み(50肩など)、首の痛み(むちうちなど)、背中・肩甲骨周りの痛み、腰痛(椎間板ヘルニアなど)、臀部の痛み、膝の痛み(変形性膝関節症など)、神経痛、慢性疲労などでお悩みの方は名古屋市名東区のあき治療院へ
TOP院長紹介院内の施設紹介料金・診療時間アクセス方法
元デンソー女子陸上長距離部トレーナーの治療院
実業団陸上長距離・マラソン選手もサポートをしているスポーツトレーナーの治療院です
 ★肉離れ(後遺症も含む)
 【症状】
急激に筋肉が収縮した結果、筋膜や筋繊維の一部が損傷すること
激しい力で一瞬のうちに起こることが多いが、同じ刺激を繰り返すことの
疲労でも肉離れはあると考えます。疲労で筋肉の状態が良くない時に許容範囲以上の力を出した時に起こると考えます。
大腿部(前面、後面)、ふくらはぎ、肩の症状を診ることが多いが、腰部や臀部、腹部も時々診ることがあります。
また、過去の肉離れの後遺症で、筋肉の状態が悪く、再発や他の部位の損傷につながることもある。
 【当院での治療・対処法】
急性期は局所の安静最重要。間違ってもストレッチ等の行為はしないこと。その後は、損傷部位への負担のない範囲で、筋肉を動かしていくことで回復を促します
○局所へのアプローチの前に、周りの緊張を整えていく。その後、状況に応じて、局所へのアプローチを行う。
○痛めた部位が足の場合はかばった動きで反対足に負担がかかっていることもある。そのために骨盤のねじれや、バランスを崩していることがあるため、必要な場合調整する。
炎症が治まってきた段階から、筋力を戻すためのトレーニングをしていく。重症度や受傷からの期間によってトレーニングの期間も違う。また、再発予防のトレーニングも行っていく必要がある。
○過去の
肉離れの後遺症で再発をくりかえす場合もきちんとしたトレーニングが必要になる。
 住所  名古屋市名東区引山2丁目1201
 メゾンラメール201
 TEL  052-739-6997
 診療時間  9:00~21:00(予約制)
 土曜・祝日19:00まで
 休診日  日曜日・不定休

  症例一覧に戻る

  TOPページに戻る