本文へスキップ

名古屋市名東区にある元実業団陸上長距離部トレーナーの治療院です。スポーツマッサージ、鍼灸、整体を提供。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-739-6997

名古屋市名東区引山2丁目1201 
メゾンラメール201(駐車場あり)
9:00〜21:00(土祝19:00)
休業日:日曜日・不定休あり

2020/2/4

話題の厚底シューズ、履いてみた。

 おはようございます。今年の冬は本当に暖冬ですね。暖かいおかげで、例年よりインフルエンザの流行の話題があまり聞こえてきません。コロナウイルスに話題がいき過ぎているだけかもしれませんが。
 とはいえ、どちらも予防には手洗い、うがいが有効なようなので、徹底して予防していきましょう。

 さて、陸上界では、コロナウイルスと同じくらい?に1月から話題になっているものがあります。ナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライNext%」です。厚底なのに軽く、さらにカーボンプレート内蔵により、柔らかい着き心地なのに高い反発が得られるため、疲労がたまりにくい上にスピードも出せると言われ、最近の長距離界の躍進に大きく関わっていると考えられています。
 いろいろと騒がれた結果、現行モデルへの規制はかからなかったことは良いことと思いますが、逆に他のシューズに影響が出そうな結果になっていることは残念に思います。これからの動向が気になるところです。
 そのあたりのことは、探さなくても見つかるくらいネットニュースに出ているので、私がいうことはありませんが、では、実際にシューズの性能はどうなのか、自分なりに検証してみました。

 まずは、治療院に来てくれている実業団・学生ランナーや市民ランナーの使用した感想をまとめると、「楽に走れる」ことは間違いなさそうです。しかし、シューズの形状的に従来の形状(薄底)になれているランナーは、走り方を少し工夫しないといけなくて、そのため、普段と違うところに疲労を感じるようです。また、カーボンプレートの反発をもらって走る分、足が自分の疲労感に関わらず動かされるようで、あとの筋疲労は強くでるようです。とはいえ、翌日に筋肉痛が強く出るような感じでもないとのこと。ただ、今までと違う部位を痛めるランナーが出ていることも気になる点ではあります。

 そして、自分でも実際に「厚底+カーボン」のシューズを履いてみました。私の場合はヴェイパーフライを履きこなせる脚筋力が自分にはないと思ったため、履きこなしやすいと聞いていた「ズームフライ3」にしました。このくつも同様に、厚底でカーボンプレートも入っていますが、くつ底の素材がヴェイパーに比べると硬く、重くなっています。そのため、価格も半額ほどで買えるため、自分レベルの市民ランナーには非常に良いものだと思います。
 あくまでも個人的な感想ですが、まずは5分/kmペースで7kmほど走ってみたところ、あまり反発は感じられなかったです。ただ、厚底に対する違和感もぞれ程感じず、無難に履いて走れました。
 次に4分30秒/kmペースで20km走ってみました。このペースになると少し反発を感じることが出き、すごく楽にこのペースで走れました。がしかし、10kmを過ぎたころから、普段は疲れないような部位(自分は股関節周り)が疲れてきて、すごくきつい走りになりました。とはいえ、そこまでペースが落ちるわけでもなく走り切れました。そして、翌日の筋肉痛もほとんどありませんでした。
 3月に出場予定のフルマラソンに向けて、どのくつで走るか迷う結果になってしまいましたが、スピードが上がれば上がるほど反発がもらえて、10kmくらいにのレースだと非常に良いのではないかと思います。あと一ヶ月、履きならしてみて、いけそうであれば、フルマラソンにも使いたいという思いもありますが、冷静に判断していこうと思います。



 まとめると、履けば誰でも早く走れるという魔法のシューズではなく、そのシューズの特性を活かせるだけの脚力を、日々のトレーニングによってつくりあげれていることが重要だと感じました。
 好記録の続出に靴の性能がかかわっていることは間違いないとは思いますが、その性能を活かせるだけの努力をしているランナーだからこその好記録だと思います。レースで靴に注目がいくのは仕方ないことですが、そこまでに必死でトレーニングしてきたランナーの努力の日々があってのことだということを理解したうえで観戦、応援していけたらいいんじゃないかと思います。

 

Topicsに戻る
あき治療院
【営業日時】
月曜〜金曜9:00〜21:00
土曜・祝日9:00〜19:00
休業日:日曜日・不定休あり
【住所・電話番号】
名古屋市名東区引山2丁目1201
メゾンラメール201(駐車場あり)
TEL:052-739-6997(予約制)