名東区、守山区、千種区、天白区、尾張旭、長久手、日進:スポーツ障害、ランニング障害、肩こりからくる頭痛、肩の痛み(50肩など)、首の痛み(むちうちなど)、背中・肩甲骨周りの痛み、腰痛(椎間板ヘルニアなど)、臀部の痛み、膝の痛み(変形性膝関節症など)、神経痛、慢性疲労などでお悩みの方は名古屋市名東区のあき治療院へ
TOP院長紹介院内の施設紹介料金・診療時間アクセス方法
元デンソー女子陸上長距離部トレーナーの治療院
実業団陸上長距離・マラソン選手もサポートをしているスポーツトレーナーの治療院です


 ★シンスプリント(Shin splints)
 【症状】
下腿(脛骨)の内側1/3の高さに痛みが発生する症状。
内側2/3の高さに痛みが発生するケースもある
脛骨過労性骨膜炎ともいう。
悪化すると
脛骨の疲労骨折を引き起こすこともある。 
 【当院での治療・対処法】
急性期は局所の安静が必要だが、ある程度の段階から少しずつ競技の復帰をしていきます。
治療としては
下腿、特にふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)や後脛骨筋、さらに、
拮抗する腓骨筋の状態を改善する。
○後脛骨筋の緊張状態に影響を与える
足底の筋肉の状態も改善する。
○足首の機能を改善していく(回内や回外などの骨格の特徴も把握する)。必要に応じて、
テーピングにより足首の角度を補助や制限をして、正しい足首の角度を作る
体全体のバランス(特に骨盤のねじれや膝、足首のアライメント)をみて、片側だけにかかる負担の有無のチェック、改善。
○必要、状況に応じて、歩く、走るなどの
痛みの出る動きをチェックし、痛みの出た原因を動きから探る。
再発の予防に必要なケア、訓練、トレーニングの指導
 住所  名古屋市名東区引山2丁目1201
 メゾンラメール201
 TEL  052−739−6997
 診療時間  9:00〜21:00(予約制)
 土曜・祝日19:00まで
 休診日  日曜日・不定休

  症例一覧に戻る

  TOPページに戻る