名東区、守山区、千種区、天白区、尾張旭、長久手、日進:スポーツ障害、ランニング障害、肩こりからくる頭痛、肩の痛み(50肩など)、首の痛み(むちうちなど)、背中・肩甲骨周りの痛み、腰痛(椎間板ヘルニアなど)、臀部の痛み、膝の痛み(変形性膝関節症など)、神経痛、慢性疲労などでお悩みの方は名古屋市名東区のあき治療院へ
TOP院長紹介院内の施設紹介料金・診療時間アクセス方法
元デンソー女子陸上長距離部トレーナーの治療院
実業団陸上長距離・マラソン選手もサポートをしているスポーツトレーナーの治療院です
 ★坐骨部の痛み
 【症状】
急性的な痛みとしては、肉離れや、筋膜炎がある。
痛みは臀部の下、坐骨結節部にあり、慢性期には、ある程度の運動では痛みはなく、強い刺激(全力で走ったり)が加わった時や、長座での前屈時に痛みを訴えることが多い。
そのため、
坐骨神経痛と混同されやすいのでしっかり区別する必要がある。
長時間座っているのが苦痛に感じるところも坐骨神経痛と混同されやすい原因でもある。
 【当院での治療・対処法】
急性期はアイシングと局所の安静が重要。
その際に肉離れか、筋膜炎かの判別がその後の対応(トレーニングやストレッチの開始時期)が変わってくるので大事。
◦慢性期は、坐骨部に覆いかぶさっている臀部の筋肉の緊張を先に取り除く必要がある。
◦臀部の緊張をとるためには、
腸腰筋を含めた股関節周りを整えていく。
◦ハムストリングスの状態を整えるために、
緩める、時にはトレーニングで張りを作る必要がある。
◦肉離れか筋膜炎かによってタイミングは違うが、
時期をみてストレッチ、トレーニングの指導をする。
◦骨盤の角度を調整する必要がある場合もある。
過度な前傾だと、ハムストリングスを緊張させるし、過度な後傾だと、腰部から臀部の筋力がうまく発揮できず、ハムストリングスに余計な負担をかける。
◦骨盤のコンディショニングには、治療も大事だが、
トレーニングが有用なことが多い。
 住所  名古屋市名東区引山2丁目1201
 メゾンラメール201
 TEL  052-739-6997
 診療時間  9:00~21:00(予約制)
 土曜・祝日19:00まで
 休診日  日曜日・不定休

  症例一覧に戻る

  TOPページに戻る